新潟の引越し業者記事一覧

我が家は過去に3回の引っ越し経験があります。過去の2回は主人の転勤で、新潟市内から同じ新潟県内の長岡市へでした。それは会社都合の転勤なので会社が提携している業者(○ト)を使ってでした。でも、転居にかかる費用は全て会社負担でしたので、我が家は1円も出す事なく引っ越しする事ができました。当時はまだ赤ちゃんを連れての移動でしたので、極力私の負担を減らしたくてキッチン周りの梱包作業と開梱作業は全て業者にお...

平成4年に創業され、オンリーワンをモットーに様々なプランとオプションを提供している「ハート引越センター」費用に合わせた節約プランから今までの生活をそのまま引越しさせるようなエクセレントプランまで、利用者のニーズに合わせた多くのプランが用意されています。ハートグループでは、地域ボランティアや環境活動にも取り組んでいます。天然ガストラックの使用やリサイクル事業への取り組み、動物愛護のNPOボーダー基金...

日本にまだ引越しの専業会社が無かった頃、先駆者として誕生した「アート引越センター」多方面から見直しを重ねた引越しプランで、様々な要望にこたえることができる安心&頼れる会社です。単身・家族のお引越しに対応していて、基本コースをはじめ荷造り要素をプラスした「ハーフコース」さらに荷造り&荷解き・片づけをプラスした「おまかせコース」など、予算や要望に合わせたサービスが用意されています。基本コースは、家具の...

1968年に創業され、「どんな時でもお客様の身になって考えることのできる」人材育成に力を入れている「ダック引越センター」要望にすべて答えることができるレベルの高いサービスを提供できるよう、全国のスタッフ全員が自社研修センターで徹底教育を受けます。梱包・運搬・接客マナー・交通マナーまでのカリキュラムを全て終了した、精鋭のスタッフ達による引っ越し作業はとてもスムーズで、安心感・満足感ともに高い評価を受...

宅急便でおなじみのヤマトホールディングス傘下の企業です。引越し・家財配達・セッティング・工事・産地直送サービスなど“イエナカ”(家の中にいながら享受できるサービスの総称)に向けた生活支援事業を展開している会社です。技術・知識を積み重ねたスタッフ達による、品質の高いサービスを提供する「クロネコヤマトの引越センター」エリアごとに品質トレーナーを配置し、接客応対・家財の梱包方法・家屋の養生方法まで、より...

格安料金をウリにしている引越し業者の中には、スタッフの対応がよくなかったり、サービスが悪かったり、作業が遅かったりとそれなりサービスや対応になっている業者も少なくないようです。新潟市内にある引越し業者ヤマサ運輸は迅速、丁寧、親切、格安と四拍子そろっている数少ない会社だと評判になっています。新潟の地元密着業者ですが日本全国の引越にも対応しています。転勤や単身赴任、そして就職や進学などで県内から他県へ...

アクティブ感動引越センターでは、引越しの時に顧客が不便に思うことを解消するために、あるサービスをやっています。例えば、引越し先でのインターネットの接続、慣れている人ならそれほど問題にならないことですが、そうでない人にとっては意外に面倒です。引越し前にも変更手続きや、引越し先での接続設定、また引越し前に使っていたサービスが引越し先では使えないというような場合もあります。あるいは引越し先では今よりもも...

新潟にある運輸会社ですが、シルバー引越便という引越し業務を行っています。長年運送会社で培ってきたノウハウをもとに家族単位や単身での引越し、事務所の引越はもちろん店舗や工場などの大掛かりな引越しもやってもらえる業者です。進学や就職などで新潟市内や県外に転居するとき、荷物があまりないのでトラックを借りるほどでもないし〜でも親の自家用車ではちょっと運ぶことができない〜そんな時に便利なのが新潟運輸のミニ引...

とら吉引越便は、関東から新潟を中心とした北信越にて引越し業務を行っています。そして引越しされる方個々の状況に合わせて利用できるように6つの基本コースがあります。とにかくお金をできるだけかけたくないので、全部自分や友達、家族で作業をやります。でも運ぶトラックがない〜そんな方のためにトラックだけレンタルできるプランがあります。もしトラックの運転に自信があまりないというのであれば、運転も代行してもらえま...

長野県から新潟県(一部地域を除く)で引越し業務を行っている赤帽MO急便、この赤帽さんの引越しの特長は引越しに使うトラックが通常の軽トラックに比べると1.5倍ほどの荷物を積み込めることです。1台で運べる量が多くなればそれだけ料金も安くなります。赤帽さんではありますが、なんと驚いたことに荷物の一時預かりもやってくるのです。通常引越しの時にエアコン取り外し作業は引越し業者とは別に依頼しないといけません。...