新潟にある歴史的建造物

旧新潟税関

 

開港五港の税関の中に於いて、その当時の外観で現存するユニークな建築物でです。国指定の重要文化財です。
開港5港というのは、安政5(1858)年の日米修好通商条約により、当時鎖国をしていた日本が開港する港で、そのうちの一つとして新潟港が選ばれたのです。
他には神奈川、函館、長崎、兵庫の4港が決まっていました。
新潟港が実際に開港したのは明治元年になります。
当時の日本の職人さんたちが洋風建築物を見よう見真似で作り上げていったものだと伝えられています。
外観は洋風ですが、内部には和式の技術が丹念に施されているのが特長です。
場所は新潟市中央区柳島町2-10です。

 

新潟県政記念館

明治16年(1883年)に新潟県会議事堂として建設されました。
その後昭和7年(1932年)に県庁舎に議事堂が移されるまで議会に使われていました。
そして昭和44年(1969年)に国の重要文化財に指定されています。
途中で大規模な修復工事が行われていて、昭和50年(1975年)からは現在の名称である新潟県政記念館として一般に公開されるようになりました。
この建物の見どころとしては、明治時代の優れた職人の技術を目にすることができます。
伝統と洋式を結び合せた言い換えれば擬洋風建築のオーソドックスなタイプで、文明開化期ムード溢れるエネルギッシュな個性美が垣間見ることができます。

 

旧第四銀行住吉町支店

昭和2年(1927年)に完成しました。
建物は古くからの銀行建築物に見られるオーソドックスのスタイルを取り入れています。
1階にはレストランになっていますから、古い建物の雰囲気を味わいながら食事を楽しめるので人気のスポットです。
建物の解体移設時にはできるだけ当時のまま残すために様々な努力と工夫がなされています。
耐震性や安全性などを高めるために鉄筋コンクリートの骨組みなどは新しく作られています。

 

関連ページ

新潟県内の早く滑れるスキー場
新潟県にはスキー場が30以上ものスキー場がありますが、オープンする日も多少のずれがあります、中でも早くにスキーができるところもあります。
スーパー銭湯ランキングin新潟
新潟市内にある設備の整っている温泉や銭湯を紹介しています。お風呂だけでなく食事などもできるので家族連れでも十分に楽しめるのがスーパー銭湯の特長ですね。
公園おススメポイント
新潟にはすばらしい公園がたくさんあります。都会でありながらも自然に親しむことができるのが、新潟のよいところだと思いますね。ここでは3つの公園をピックアップして紹介しております。